令和3年 夏季 現任教育研修会

カテゴリー:

令和3年9月12日
令和3年 夏季 現任教育研修会

本来でしたら6月開催予定でしたが従業員のワクチン接種を最優先とし、8月に延期しました

しかし、8月に入り大阪府に緊急事態宣言が出た為、9月12日に再延期しましたが緊急事態宣言も延長となり本日開催の是非を直前まで論議しました

熟考の結果、これ以上の延期は
①従業員のワクチン接種や予約の妨げになる
②交代要員の確保が難しくなる(当然、本日動いてる現場も多数ありますが、ユーザー様に許可を頂き、弊社グループ会社や協力会社に警備業法に基づいた契約を行った上で交替要員を出して頂いております)
③会場確保が難しくなる

以上を鑑み、本日の開催を決行しました

パーテーション、アルコール消毒液、石鹸の大量設置は当然の事ですが、今回は全従業員に抗原検査キットで検査を実施

大阪府警備業共同組合よりお借りしたサーマルサーモグラフィーで出入時の体温を常時確認

旭産業会館様にご無理をお願いして普段は開けない最上段の窓を全て解放

前後360度回転の送風機を複数台作動させての換気

等を準備して『令和3年度 夏季 現任教育』を実施しました

入館前に、どのように並ばせて抗原検査を実施するかを若手主導で検討していたのですが、コンサートや握手会での手荷物検査や金属探知機を使用する際の警備方式を採用しスムーズに実施する事ができました

弊社代表は『業務経験を生かした見事な応用力。これこそが今回の現任教育での最大の成果と言っても過言ではない』と目を細めていました

また、数日前に抗原検査キット販売会社のレクチャーを受けた際『100人以上で検査すれば陽性者が出る事はじゅうぶんにあり得ます』と聞いていましたので、万が一に備え翌日からの交代要員も複数名待機させていましたが、検査結果は全員『陰性』

最後の1名の陰性を確認した瞬間、思わず歓喜の声をあげてしまい『コロナ下ですよ!静かに!』と互いに注意しながらも全員が笑顔に包まれた素晴らしい瞬間でした

何はともあれ無事に、胸を撫で下ろして研修を開始することが出来ました

本来はアドバイザーをお招きしてAEDや車椅子を使った研修を予定しておりましたが教育予定内容を大幅に見直し、座学のみとしました

年内に6~8名が資格試験を受ける予定ですので今回はかなり難し目の模擬試験を作成したところ、平均点がかなり低く新たな課題が浮かび上がってしまいました。。

普段の現任教育でしたら終了後に仲の良い者同士で食事やお酒を飲みに行く事が慣例となっているようですが

『せっかく感染者の無い状態を確認出来たのにフラフラと町中で感染してしまったら全てが無意味になる。自覚した行動をとるように』

と寄り道を一切せずに帰宅する指示に全員が了承してくれました

次回は来年2月に開催予定です

 

Proud of work to protect the safety
(~安全を守る仕事を誇りに~)
有限会社 近畿セイフティガード